ステップアップ講座 イベントの申込みをオンラインフォームで作ろう 開催レポート

5月14日(土)、今年度初のステップアップ講座「イベントの申込みをオンラインフォームで作ろう」講座を開催しました。

参加者は6名、講師は、すぎなみ協働プラザの中野が担当し、昨年度のGoogleツール講座で講師をしてくださった寺田氏もサポートとして参加してくださいました。

Googleは、たくさんのツールが無料で使えます。

その中でも今回は、GoogleドライブのGoogleフォームを使って、実際に参加者の皆さんにアンケートを作成してもらいました。


まず初めに、
・Googleサービスのセキュリティ
・Googleのツールで利用するフォルダ、ファイルを保管する場所(ストレージ)
・Googleドライブの開き方
・お気に入りに保存の仕方
・リンクを共有して他の人と一緒に使うための方法
・フォルダ/ファイルの共有設定の仕方
・共有時の権限設定
についての説明をしてもらい、その後サンプル通りに申込みフォームを作成しました。
そして、
・作成したアンケートを表示する方法
・申込みをしたら通知がくるようにする方法
・フォームをリンクにする方法
・集計、スプレッドシートの作成の仕方
について教えてもらい、最後には、参加者全員が申込みフォームを作成することができました!


参加者の皆さまからは、

・わかりやすくて、とても参考になりました。

・フォームの具体的操作の前段階、導入の部分からの解説があり、入りやすかった。作例で、手を動かしながら、確認しながらの作業だったので、漠然と講座を聞くより着地点がわかって良かったです。初心者にとってはフォームに絞った解説でまとまりがあったと思います。

・参加人数も丁度よく、個別に相談が出来て良かったです。

とのお声をいただきました!

これから団体活動で、イベントの申込みやアンケートを作成する時に、ご活用していただけると嬉しいです。
また、何かご質問などございましたらご相談ください!

【ITツール相談】
すぎなみ協働プラザでは、地域活動に関するITツールの相談を承っております。
対象:杉並区で地域活動を行っている団体・個人
●お申込み方法
Googleフォームまたはメールでお申込みください。
Googleフォーム:https://forms.gle/LBD76iZ6Yrsg5QGd9
メール:sanka@nposupport.jp

阿佐谷地域区民センターのチラシラックへの配架ができます【すぎなみ協働プラザ登録団体限定】

チラシラックの場所。1階受付横にあります。
チラシラックのイメージ

【概要及び注意事項】

・場所 阿佐ヶ谷地域区民センター 1階受付横 すぎなみ協働プラザチラシラック
 ( 東京都杉並区阿佐谷1丁目1−1)
・貸出数 5カ所
・配架期間 希望日から3週間
・対象 すぎなみ協働プラザ登録団体

・ラックに入れるチラシ枚数(目安) 40枚程度(A4サイズの場合)
・1団体につき、同期間内で最大1枠
・複数団体での同内容のチラシの掲載は不可
・配架期間内に、同じ枠であれば複数種類のチラシに差し替え可能

すぎなみ協働プラザへのご登録についてはこちら

【チラシの内容について】

以下のすべてに該当するものが配架可能です。

・規格は最大A4サイズ
・プラザのハンコを押したチラシ
・プラザ登録団体が主催・共催するもの
・登録団体の実施する事業で、かつ営利目的でないものとする(収益事業は可)
・政治活動又は宗教活動を目的とした事業ではないこと
・その他、すぎなみ協働プラザスタッフが適切と判断したもの

【利用手順】

(1)希望利用日の1週間前までに、専用フォームに必要事項を入力してください
(2)すぎなみ協働プラザ内で日時の調整を行い、ご連絡致します。
(3)配架希望日までに、すぎなみ協働プラザにハンコを押しに来館ください。
(配架希望日を過ぎても可能ですが、配架期間は変更・延長はできません)
(4)配架期間になったら、自団体でチラシを配架してください。
(5)利用期間終了日に、チラシの回収をお願いいたします。

※配架と回収は、阿佐谷地域区民センターの開館時間中に行ってください。
※配架期間を過ぎたチラシは廃棄させていただきます。自団体での回収をお願いいたします。

ステップアップ講座 会議の質を高める「ファシリテーション講座」開催レポート

10月28日の【ステップアップ講座】 会議の質を高める『ファシリテーション講座』は青木将幸ファシリテーター事務所の青木将幸代表をお招きしてオンライン(zoom)にて開催しました。

青木将幸氏

開催前から人気の講座で、20名の定員が早いうちから満員になりました。ありがとうございます。それだけ会議に関するお悩みを抱えている、会議をより良くしたいと思っている団体も多いのだと感じました。

講座は青木氏からの「何が好物ですか?」の質問でアイスブレイクし、参加者の『主役スイッチ』を押してもらった後、参加者の質問にひとつひとつ答えていく形で講座が進行していきました。

「発言が少ない」「オンライン会議は盛り上がらない」「どのように進行してけばよいかわからない」という会議あるあるの悩みや、「声の大きい人の意見が通ってしまう」「攻撃的な意見をいう人への対応」「意見のまとめ方」など会議をより良くするために必要な視点や技術に関する質問も多くありました。

そんななかでも、終了後参加者の方のアンケートで「これは勉強になった!」「実践していきたい!」という声が高かった、『会議の質を高めるコツ』をご紹介します。

《会議の質を高めるコツ》

①   共有→拡散→(混沌)→収束 の4段階で会議を進める

②   参加者にリスペクトを持ち、表現すること

③ 参加者の意見を可視化(板書など)する

④  意見が出ないとき「〇○〇だったらいいな」というテーマで言葉かけをする

【参加者の皆さまからの声】

・とても充実した内容でした。満足度が高かったです。

・心にすと~んとおちました。目からウロコばかりでした。

・会議の時間配分など会議前の準備をきちんとしようと思いました。

などの声をいただきました。

すぎなみ協働プラザでは、会議もできる「交流コーナー」の貸し出しもしています。(すぎなみ協働プラザ登録団体に限ります。)ホワイトボードや無料Wi-Fiもあるので、ぜひご活用ください。

ステップアップ講座 助成金申請の基本とコツ開催レポート

9月25日の【ステップアップ講座】助成金申請の基本とコツは、未来バンク理事・公益財団法人ひょうごコミュニティ財団研究員の奥田裕之氏と、日本郵便株式会社の竹山吾紀明氏をお招きして、対面とオンラインのハイブリッドで開催しました。

会場参加者は13名、zoom参加者は6名でした。

前半は、奥田先生による講座

①NPOと資金の関係
・NPOにとっての資金は、大きく分けて自己財源(会費・寄付金・事業収入)と他者財 源(助成金・補助金・借入金・委託金)がある。
・団体のどのタイミングで、また何に対して必要な資金なのか、適切な対象先から、適切な金額で調達することが重要。

②助成金について
市民活動に関する様々な助成金がある。
・地域別(海外限定・国内限定)。
・分野別の助成金(福祉分野など・環境分野・市民活動、防災ほか・その他、芸術、スポーツ、アドボカシー、子ども、動物愛護など)。
・助成金要綱の具体例

③選考者側の視点
・お金を提供することで、助成団体の目的が達成されるか
・助成先の団体や事業は発展するか。
・助成団体の知りたいことが申請書に書かれているか。
・ストーリーとして見えること、整合性がとれていることが重要。

④市民活動助成金の探し方
・インターネットで探す
*NPOWEB「NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会」のウェブサイト
  http://www.npoweb.jp/
*ボラ市民ウェブ「東京ボランティア・市民活動センター」のウェブサイト
  https://www.tvac.or.jp/sagasu/?cat=joseikin
*助成金ナウ
  https://www.navit-j.com/service/joseikin-now/blog/
・資料で探す
「NPO・市民活動のための助成金応募ガイド」など
・中間支援組織から情報を探す

後半は、日本郵便㈱の竹山氏による、日本郵便年賀寄付金配分事業の申請など、審査側の視点も含めた説明でした。


日本郵便の申請だけでなく、どの助成金申請にも当てはまるポイントも教えていただきました!

①申請要領を必ず守る

②誰にでもわかる表現で書く
×:専門用語  ○:中学生が理解できる程度

③要点は簡潔、実施内容は明確に
×:課題が詳細 ○:解決策を詳細に(知りたいのは「解決策」)

④申請事業の先駆性、社会性、実現性、緊急性をアピール
×:空欄

⑤明確な成果目標と、その後の展望も
→成果目標は必ず具体的な数値で記載

⑥申請書全体の連動性を確認(事業内容、スケジュール、予算)
×:対象者50人に対して予算は200人分

⑦予算の算出根拠は詳細に
×:一式○○万円 ○:単価×個数

⑧申請前に最終確認
×:誤字、脱字  ○:複数人でチェックして内容共有

事業に対しての想いがたくさん詰まった文章になりがちですが、事実ベースで書くことを意識しましょう!

【参加者の皆さまからの声】
・助成金の申請のポイントをわかりやすく説明していただき有意義だった。
・今後の活動を考えるうえでとても為になった。
・作成中の申請書について、具体的なアドバイスをいただけてとても参考になった。
・とても勉強になった。チャレンジを検討中。
・スタッフから、申請書の書き方について個別相談にものってくださると聞いて心強いです。困った時は相談させてください。
・大変参考になりました。同テーマの第二弾もご検討ください。
とのお声をいただきました。
今回、盛りだくさんの講座だったため、時間が足りず、ワークができなくて残念でした。

すぎなみ協働プラザでは、 「NPO・市民活動のための助成金応募ガイド」 など助成金に関しての本や資料をご用意しております。ご覧になりたい方は、ぜひプラザまでお越しください。
助成金申請のご質問やご相談も受け付けております!
ご相談はこちらから!

ステップアップ講座 iPhoneで団体紹介動画をつくろう!(全4回)開催レポート

8月のステップアップ講座は株式会社180の清水篤司氏と平嶺育氏をお迎えして、広報活動につながる動画作成・配信について4回連続講座で学びました。7名の参加をいただき、対面とオンラインで開催しました。

全4回の内容は、

①   構成台本作成

②   iMovie(Apple社の動画編集ソフト)で各団体PR動画作成

③ 各自動画作成 途中経過を提出

④   動画発表、講師講評。YouTubeアップの仕方説明

iMovieを使うのが初めての方ばかりでしたが、最後にはそれぞれの特色ある団体紹介動画を見せていただきました。講座終了後は団体に持ち帰り、各自YouTubeアップを目指します。

講師の先生からは、作成する時には長くなりすぎない(今回は1分程度の動画)、多くの情報をのせすぎない、 なにを一番に伝えたいか、を考えて人に見せる方法を教えていただきました。

【参加者の皆さまの声】

・HPで団体の紹介をしているが、動画だと説得力が増してより簡単により身近に知ってもらえる可能性を感じた。たくさん作ってみたい。

・作品づくりとしては失敗もあったが1つの動画の形になり嬉しかった。

・これまで難しいと思って作ったことが無かった動画が、この講座をきっかけにいろいろ作れることが分かりとても楽しかった。

・講座内容が驚くほど充実していて、講師の方も親身に教えて下さったことに感激した。

など、ご好評をいただきました。

今後も、広報活動がより幅広いものとなるお手伝いができましたら幸いです。

すぎなみ協働プラザでは団体活動のお手伝いができるよう、いろいろな講座を企画開催しています。講座情報はHP、すぎメール(メルマガ)、チラシなどをご覧ください。ご参加お待ちしています!

★iMovieを初めて使って動画作成したプラザスタッフ(大久保)の作品です!

https://www.youtube.com/watch?v=QQvoeEIyVcc