【団体インタビュー】すぎなみ食育推進の会

「楽しく学ぶ食育」をモットーに食の大切さを学び、伝える活動をされている『すぎなみ食育推進の会』さんにお話を伺いました。

-設立のきっかけを教えてください
一昨年(2019年)7月に設立した団体です。すぎなみ地域大学で「食育推進ボランティア講座」に参加したメンバで結成しました。講座に応募したきっかけは地域で防災の仕事をしたときに、災害時において「食」は健康維持のために一番大切で、その調達や管理方法が難しい問題であると気づいたからです。講座では外部講師を招いての講習会や考案したレシピの調理実習、食育推進の活動のお手伝いをしてきました。講座を終えて、もっと活動したいという思いが強くなり設立に至りました。

-メンバーをご紹介ください
代表の堀田です。以前雪印乳業で営業勤務をしており、食の大切さをわかりやすく伝えます。小田さんは、明治乳業でラクトフェリン等の研究をしていました。医学博士でもあるので、食べ物の成分について広く深く知識を持っています。森田さんはご実家が八百屋さんなので、野菜の旬や産地に詳しく、季節によって一番美味しく食べられる野菜を教えられます。3人を中心に少しずつ人数が増え現在7名で活動しています。

-どんな活動をされていますか
お子さん向け、ファミリー向け、高齢者向けなどの「世代別学習プログラム」を作成しています。特に小さなお子さん向けにはイラスト入りの野菜カードを作り、楽しく学べるよう工夫しています。将来的には創作料理教室などの「体験型学習プログラム」や、勉強会など「ワークショップ型プログラム」を考えております。
世代によってどの食材を、どのくらい食べたらいいか、どの調理法がより効果的か、楽しく学べたらとよいと考えています。

-コロナ禍ではどのような活動をされていましたか
学習プログラムを使い講座を開きたいと思った頃、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言になり、講座の開催ができず、とても残念な思いをしています。そこで比較的感染リスクの少ない野外での活動に切り替え、団体で「シェア畑」を借り1年間を通して野菜作りに取り組み約20種類の野菜の栽培をしました。
野菜の知識はあるものの、栽培するのは初めてなので、野菜を育てる難しさと楽しさを学んでいます。野菜作りの経験も今後、講座を開くときに役立てたいと思います。

―今後どのような活動をされたいですか。
新型コロナ禍において、講座の開催ができなかったことが一番悔やまれます。
今年は感染対策をしながら講座を開催することが一番の目標です。

-今回の交流会に参加していかがでしたか
子育て支援、高齢者支援の団体さんが一緒に参加されて、名刺交換をさせていただきました。食はあらゆる年代で大切ことなので、地域活動をされているいろんな団体さんと関わりを持って、活動を広げていきたいと考えております。

今回のインタビューを通して、まだ新しい団体ですが、これから発展させたいと意欲的で、なにより食の大切さをたくさんの人に伝えたいという熱意を感じました。

すぎなみ食育推進の会のように、新型コロナウィルスの影響で、なかなか思う通りに活動が進まなかった団体も多かったかと思います。すぎなみ協働プラザでは、活動での感染対策や、オンライン講座など新しいカタチの活動方法も一緒に考えていきたいです。また、チラシ作り講座、Zoom基礎講座など、セミナー開催に役立つ講座も開催しておりますので、ぜひご活用ください。

すぎなみ食育推進の会
https://www.sugi-chiiki.com/shokuiku-suisin/
 

写真:中野  文責:大久保

杉並区認証NPO MAP

イメージ図

杉並区のNPO法人認証団体(令和2年3月31日現在)を元に、
NPO分類(20分類)にわけてMAPにしました。

お近くのNPO団体や、同じ分野で活動しているNPO法人を見つけてみてください!

https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1mE0Aj1MvpN3wasdMMxkDsv8wWcG73Xp8&usp=sharin

※このMAPは、Googleマイマップのサービスで作成しています。
※分類は1団体で重複している場合があります。

【杉並区認証NPO MAP の見方】

パソコンの場合

①上記URLをクリックしてください。
②下図のようなMAPが表示されます。

③左側のチェックボックスを付けると該当の分類の表示がでます。

【スマートフォンの場合】

※機種によって表示画面が違う場合があります。

①上記URLをクリックしてください。
②下図のようなMAPが表示されます。NPOの分類を選んで表示したい場合は、
 画面下部「地図の凡例を表示する」を選択します。

③チェックマークがついている分類が、地図上に表示されています。
 チェックマークを押すと、表示・非表示を選択できます。
 MAPに戻る場合は、画面左上の「<」マークを押します。

【団体インタビュー】ADDS

自閉症などの発達障がいのあるお子さまと、その保護者のサポート、セラピストの育成、自閉症体験ワークショップなど、発達障がい児の療育(治療教育)において幅広く活動している『NPO法人 ADDS』の大熊さんにお話を伺いました。

-ADDSのお名前の由来を教えてください。
Advanced Developmental Disorders Support.「先進的な発達障害支援」の頭文字です。「Advanced」は「高度な・先進的な」という意味ですが、私たちは研究成果に基づく手法を選択し、お子さまに質の高い療育支援を提供するとともに、法人でも研究活動を行い、その成果を社会へ発信する活動も行っています。また「Advance」には「前進」という意味があり、自閉症などお子さまの発達に心配や不安を持っている全ての方への後押し、前向きな気持ちにする。という想いも込められています。

-コロナ禍で、どのように活動をされていますか。
対面での療育が必要な場合、消毒・換気・マスク着用、距離を取るなど感染対策をしています。また自治体と協議を重ねながら、小さいお子さまを連れて通所することが難しいご家庭を対象に、オンラインで療育を提供することにも取り組んでいます。保護者向けの集合研修も、事前に動画教材を視聴いただき、当日オンラインでワークショップを行うなどしています。さらに、コロナ禍で乳幼児検診が休止になったり、自治体の相談窓口へ出向くハードルが高くなってしまった状況を受け、全国どこからでも発達に関する相談ができるサービスの開発を始めました。

-コロナ禍において、孤立やストレスを感じているご家族へ、どのようなアドバイスをされていますか。
オンライン発達相談では、利用された方から「子どもの成長が心配でしたが、話を聞いてもらって安心した」「対面相談でなくても、子どもの対応を具体的に教えてもらって参考になる」と感想をいただいています。
またホームページには「STAY HOMEヒント集」を載せました。お家時間が増えているいま、発達障がいがあるなしに関わらず、すべてのお子さまに「STAY HOMEヒント集」がお役に立つのではないでしょうか。大切なことは「人とつながる」ことです。直接会えないときはネットや電話などで、身近な人と、ゆるく・楽しくつながることが、孤立やストレスを感じることなく、お家時間を過ごすコツになります。

-子どもが発達障がいかもしれないけれど、相談しても良いのか、一人で不安を抱えている保護者にメッセージをお願いします。
「検診で心配になることを言われた」「個性なの?障がいなの?」「こんな些細なこと聞いていいのかな?」そのちょっとした「気づき」がとても大切です。ひとりでモヤモヤしている、とても不安、そんなときお気軽にご相談ください。

-オンライン事業の立ち上げに際し、クラウドファンディングをされましたね。
発達支援が必要なお子さまは、支援が滞るとそれだけ発達の機会が大きく失われることになります。コロナ禍で外出を自粛して通所が難しいご家庭のために、早急に療育と相談にオンラインを導入することが必要でした。そこで、この夏クラウドファンディングで支援金を募ることにしました。クラウドファンディングでは150人近くの方にご賛同いただき、目標金額100万円を大きく上回る支援金が集まり、開発を進めることができています。
2021年1月には新たなオンライン発達相談サービス「kikotto」β版を発表しました。お子さまの発達について相談先を探している方がいらっしゃれば、ぜひご紹介いただければと思います。https://www.adds.or.jp/sodan/

-今後めざしていることを教えてください。
ホームページのコンテンツを増やして、役に立つ情報をもっと発信していきたいです。また今のオンライン療育及び相談では利用者にも機材の準備が必要になりそれが負担になるので、より身近なLINEを使って簡単に利用できるようにしていきたいです。お子さまの発達障がいの悩みを抱えている、より多くの方に、支援を受けやすい環境づくりを続けてまいります。

-今回プラザの交流会に参加していかがでしたか。
子育て中の多くの方にADDSの存在を知ってもらいたい。その活動をどうするかという課題がありました。そんななか、この交流会で「NPO法人 きずなメール・プロジェクト」さんとの出会いがありました。妊娠中・子育て中の親を“孤育て”させない、というコンセプトで、子育てに役立つ情報をLINEやメールで発信し、応援している団体です。今後、協働でできることはないかとお話をしているところです。
このように、杉並の子育て・地域活動をされている団体に、ADDSの活動を知ってもらいたい、近くに子どもの成長で悩んでいる人がいたらADDSのことを伝えてほしいと思ったので、交流会に参加してよかったと思いました。

ADDSさんの取材を通して、コロナ禍において新しい生活様式へ変わるため、子育ての場でも新しい支援方法が必要とされていることを知りました。いち早くネット支援の環境を整えたADDSさんの活動が、これからの地域活動の参考になればと思います。

すぎなみ協働プラザでは、オンラインでの会議や講座開催の支援として「Zoom基本講座」を開催してきました。今後もオンライン活動向けの講座をはじめ、あなたの地域活動のお手伝いになる講座を開催していきますので、ご活用ください。

特定非営利活動法人ADDS
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目16-14 カパラビル5F
https://www.adds.or.jp/  

文責  すぎなみ協働プラザ 大久保

【団体インタビュー】チャイルド・ファンド・ジャパン

 特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパンは、1975年より、アジアを中心に貧困の中で暮らす子どもの健やかな成長、家族と地域の自立を目指した活動をしている団体です。
 今回、団体の支援内容や支援地域の状況、杉並区内で行っている「杉並区民の手でネパールに学校を!」キャンペーンの内容などについて、コミュニケーション・マーケティング部 藤井 翼さんにお話を伺いました。

 

― 団体の活動内容、支援地域の状況を教えてください
 フィリピン、ネパール、スリランカの3カ国の貧困の中で暮らす子どもたちの経済的、内面的成長、衛生面、教育の支援などを行っています。
 国や地域によって状況は異なりますが、学用品や制服の用意ができず学校に通えなかったり、仕事の手伝いをせざるをえなくて学校に通えなくなってしまった子どもたちが、しっかりと学校に通い、将来の可能性を広げていけるようにしています。
 また、リーダーシップ研修なども行い、自信を持って社会へ羽ばたいていくことができるようにしています。
 現在は、新型コロナウィルスが支援地域でも蔓延していて、例えばフィリピンでは、依然として対面授業が再開できていません。地方を中心に医療体制が十分とは言えない地域も多く、貧困の中で暮らす子どもや家族という弱い立場の人々は、パンデミックで大きな影響を受けます。こうした子どもたちへ、マスクや非接触型体温計の支給、手洗い研修などもしています。

チャイルド・ファンド・ジャパンが支援したマスクをつけるネパールの子ども

他にも、国内で緊急復興支援を行っています。直近では、一昨年の台風19号で大きな被害に遭われた長野県の被災者の方々に、子どもには学習などのサポートを、高齢者の方々に対してはストレスを緩和するために傾聴活動を行いました。

― 杉並区内で行っている「杉並区民の手でネパールに学校を!」の内容を教えてください
 杉並区と連携したキャンペーンで、区民の皆さまから書き損じハガキを送っていただき、その収益でネパールに学校建設をしています。毎年12月にスタートし、年明け2月末までキャンペーンを行っています。
 このキャンペーンを開始したのは10年前になります。杉並区に事務所を置いているので、区民の皆さまと一緒に活動ができないかと考えていました。いきなり寄付をお願いするのはハードルが高いと考え、当時から実施していた書き損じハガキの回収を思いつき、区役所の後援を得て、教育委員会をご紹介していただき、学校へ告知することができるようになりました。こうして昨年は10年目を迎え、杉並区長をはじめとする関係者の皆さまをお招きした記念懇談会を行いました。
 これまでに2,200名以上の皆さまにご協力いただき、6つの学校を建設しました。建設した校舎には、なみすけのマークがついています。

なみすけが入った校舎の前で写真を撮る子どもたち

ネパールでは2015年に大地震があり、耐震性の高い校舎の建設が重要な課題になっています。
杉並区民の皆さまのご協力は、子どもたちの命を守る安全な学校を作り、学ぶ環境を支えています。

― 杉並区では他にどんな活動をされていますか?
 2020年11月から、阿佐ヶ谷駅前で、支援募集キャンペーンを行っています。

 普段はホームページなどで広報を行い、支援してくださる方を募集していますが、団体の顔が見えず、活動内容や支援方法、信頼できる団体かどうか、十分にわからないこともあるかと思います。対面でのキャンペーンでは、スタッフが団体の説明を直接いたしますので、見かけたら、ぜひ声を掛けてください。
(※緊急事態宣言等により、実施していない場合もあります)
 また、2020年6月には、スタッフがJ:COM杉並の「杉並人図鑑」に出演させていただき、今後の活動への想いなどを語りました。
 杉並区の小学校での出前授業で、子どもたちに、支援地域の様子や私たちの活動についてお話しをさせていただいたこともあります。

― 今後、地域とどのように繋がっていきたいですか?
 杉並でキャンペーンを継続しつつ、地域に貢献できるような交流、活動をしていきたいです。
 途上国の支援を行うNPOというと、自分たちの生活とは距離があり、遠い存在に感じたり、ハードルの高い団体に思えたりするかもしれません。ですが、そんなことはありません。私たちは、子どもを大切にし、成長を支えようとしていて、それは、皆さんが自分の子どもや身の回りの子どもたちの成長を見守る気持ちと一緒です。皆さんと一緒に「杉並から世界の子どもたちを支える」ことができればと思います。

【スタッフからの感想】
 今回、インタビューさせていただいた藤井さんに、チャイルド・ファンド・ジャパンに入られてから心に残っていることは?とお聞きしたら、「支援者の方々の温かい想い、そしてそれを受け取り親しみと感謝を惜しまない現地の子どもたち、両方の想いの橋渡しの一端を担っているということにやりがいを感じています」と話されていました。
 すぎなみ協働プラザでも、地域に貢献できる交流、活動をしていきたいというチャイルド・ファンド・ジャパンのお手伝いをさせていただきたいと思っています。そして地域の皆さまのお役に立てるような橋渡しをしていきたいです。

ChildFund Japan チャイルド・ファンド・ジャパン

特定非営利活動法人 チャイルド・ファンド・ジャパン
〒167-0041 東京都杉並区善福寺2-17-5
TEL 03-3399-8123/FAX 03-3399-0730
URL https://www.childfund.or.jp/

文責 すぎなみ協働プラザ 椎野

【団体インタビュー】ワークサポート杉並 

ワークサポート杉並(正式名称:公益財団法人 杉並区障害者雇用支援事業団)は杉並区が出資して作られた、障がいのある方の就職支援をしている公益財団法人です。障がいのある方が働くことで自立し、安心して暮らせる地域づくりに貢献していくことを理念としています。 

ワークサポート杉並には、すぎなみ協働プラザから発行している広報紙「すぎプラ通信」の発送作業を依頼しています。11月に発送した「すぎぷら通信」も3名の方に発送作業に関わっていただきました。サポートスタッフの茂木さん、服部さんにお話を伺いました。 

広報紙発送作業の様子

―活動について教えてください 

団体の目標として次の三点を掲げています。 

「地域の中で障害者就労支援のための環境づくりを進める」 

「施設、学校からの就職に向けた取り組みを支援する」 

「障害者一人ひとりに適した、オーダーメードの就労支援を実施する」  

「ワークサポート杉並」ホームページより

私どもワークサポート杉並には様々な利用者の方がいて、一人ひとりの適性も違います。そのため幅広い作業が提供できているのではないかと思います。継続した就労のため日々の訓練だけではなく、様々な場所に実習にも行きスキルアップにつなげています。区外に出かけることもあります。普段とは違った環境で学び取れることが実習の場では多くあり、思わぬ力が発揮出来たり、発見もあります。また、スタッフは運営機関主催の研修にも参加しています。 

―3つ目の目標「オーダーメードの就労支援」に向けてはどのように取り組まれていますか? 

スタッフと利用者との信頼関係を築くことをいちばんに心がけています。そのために日々のコミュニケーションをとても大切にしています。 

今年は4~6月は依頼がなく、活動も停滞していました。その間、利用者の方が活動を止めることなく、在宅支援で何が提供できるだろうかとスタッフ間で協議をしました。こんな時だからこそ、新しいこともやってみようと、メールやzoomを使っての面談も始めました。 

—先日すぎなみ協働プラザでの異業種交流会に参加していただきました。他団体の方との交流はいかがでしたか? 

皆さんこのコロナ禍においても利用者の方の今必要としていることを考え、工夫されて活動を続けておられて感心しました。それを伺って、私達もこちらに合わせてもらうのではなく、利用者に合わせた、必要とされる活動を提供していくことが大事だと感じました。 

交流会で知り合えた団体さんとも今後の活動で関わりを持ちたいと思っています。 

—今後の課題はどんなことですか? 

継続した就労支援をするためには利用者の方の活動と実習の場を増やしていていきたいです。 

そのために、活動をより多くの方に知ってもらいたいと思っていますので他団体と合同で企業の方をお呼びしてお話を聞いてもらったり、直接活動を見てもらうこともあります。企業など外部の方とは、様々なメディアを使いリモートでのやりとりはしていますが、やはり最終的には人と人とのつながりには、できれば直接会ってお伝えしたいと感じています。 

区内団体間につながりを持つことで新しい活動が見えてくる、結果としてお互いに助かることがあると思っています。 

今回作業に来られたのは3名の利用者の方です。作業中の様子も拝見し得意な作業についてなどお話を伺いました。今回の広報紙発送の作業では部数の確認、発送先の仕分けをしていただきました。皆さん責任を持って丁寧に作業をされていると感じました。 

ご参加いただいた交流会のような場を経て利用者の活動が広がるきっかけになれるよう、すぎなみ協働プラザは今後もお手伝いをしていきたいと思います。 

ワークサポート杉並(公益財団法人 杉並区障害者雇用支援事業団

住所:東京都杉並区高井戸東4-10-26(杉並障害者福祉会館1階)
電話:03-5346-3250

ホームページ https://sugi-jigyodan.or.jp/

撮影・文責 有馬