【団体インタビュー】RTF教育ラボ 村上さん

任意団体「RTF教育ラボ」は、地域・学校・保護者および学校教員・教員志望者の方々へ、より良い未来へのサポートを行っている団体です。

今回、代表の村上敬一さんに、団体設立や活動への思い、そして、講座や勉強会などの内容についてお話を伺いました。

任意団体「RTF教育ラボ」 村上敬一さん

― この団体を作られたきっかけはなんですか?

自分が学生の頃、学校の授業がつまらなかった、授業をしている先生たちも楽しそうではないと感じたのがきっかけでした。
15年ほど前に、子どもたちだけではなく、教師も楽しめる学校を作りたいと思い、教員志望者の方々に同じ志を持ってもらいたいと勉強会を立ち上げました。その後、現職の教員向けの勉強会・講座や地域活動も行うようになり、今の「RTF教育ラボ」という団体になりました。

― 団体を立ち上げてから、嬉しかったこと、心に残っていることはありますか?

毎日が「嬉しい」の連続です。日々新しい出会い(児童生徒、保護者、地域の方々)があり、本当に刺激的です。特に今年になってからは、オンライン(Zoom)を利用した新しい講座や小児科×教育のコラボセミナーなどを行う機会も作れました。



その中で、一番心に残っていることは、
今年2020年10月1日に『授業づくりの診断書』という書籍を出したことです。この書籍は、「RTF教育ラボ」にとっての我が子のような存在です。私だけでなく、RTFのメンバー全員が携わり、団体として出版できたので、心に残っています。

 

 

― この書籍は、主に先生向けに作られたのでしょうか?

そのつもりだったのですが、先日、読者の方から、子育てにとても役に立ったというお話を聞いて驚きました。勉強ができる子は、学校のチャイムが鳴る前に授業の準備を整えています。それがルーティンとなり、家で宿題などの勉強をする時にもこの行動が当てはまってくるのです。時間を決めて勉強を始めることはもちろんですが、その前に、「やるべき課題を準備すること」がとても重要です。準備には「意識や心構え」も含まれます。

― 経歴を拝見させていただきました スーパーティーチャーとはなんでしょうか?

自治体によっても違いがありますが、スーパーティーチャー事業というプロジェクトがありました。当時私が呼ばれた南相馬市の場合は教育委員会の予算の中で、授業が上手いと言われている先生を年に数回学校に呼び、児童や生徒へ授業を行い教員が見学するプロジェクトでした。その際、スーパーティーチャーとして私が南相馬市の小学校に呼んでいただいたということです。

今の日本の制度では、小学校の教員免許だけだと、中高生を教えられません。本来であれば、いろいろな年齢の子どもたちを教えていくことが必要なのに、それができないのです。 今は、特色ある学校づくりの予算が各学校に振り分けられ、外部講師を呼んで授業ができるので、現在私は、杉並区では杉並第九小学校で4~6年の算数を教えています。他地域では中学生・高校生・大学生へも授業を行っています。

― 年間、小さな子どもを持つ保護者向けから、教職員志望者向け、地域向けなどたくさんの講座や勉強会を開催されていますね
最近ではどんな内容の講座を開催されているのか、いくつか教えてください。

先日は、方南エリアで地域、保護者向けのプログラミング教育の講演会&パネルディスカッションを開催しました。また泉南中学校の地域の方々には、青少年委員主催で地域づくりの講座「今後必要になってくるチカラとは?学校・地域・家庭の交流を考える機会」もオンライン(Zoom)で行いました。
阿佐ヶ谷中学校でも、12/19の道徳公開講座の講師をする予定です。

― オンライン活用術の勉強会も開催されていますね
杉並区の教育現場のオンライン活用状況はどのような感じでしょうか?

人間関係とルールが両立するように、オンラインの活用と個人情報の保護とは並列しています。杉並区は、情報の流出やトラブルを防ぐという保護の方を優先している区で、ITのセキュリティが高い区だと思います。現在はセキュリティを重視しマイクロソフト社Microsoft Teamsを活用する予定のようです。

― 今後、地域の方々とどんな関りを持ちたいですか?

これまでも、地域活動、道徳、キャリア教育やプログラミング教育など、依頼されて行ってきました。テーマは違っていても、地域が求めていることの根本は同じなのです。ベースには、世の中の諸問題があります。なので、依頼をされたら、時間が許す限りどんなテーマでも引き受けたいと考えています。

- 今後の予定や、目標などをお聞かせください

講座などは、手段、方法であって、目的ではありません。地域・学校・家庭それぞれではどうにもできないことがあるので、三位一体となって協働し、楽しい状態を作っていきたいです。
まず、みんながハッピーになれる杉並区を作って、近隣の区に、そして東京、日本、それが世界へ・・・本当の意味でグローバルになっていけば良いなと思っています。 そして、学校の先生たちと子どもたちが、楽しく一緒になって成長できるようになったとき、未来の子どもたちも楽しい大人になると信じています。

【スタッフからの感想】

今回のインタビューを通じて、村上さんの活動への熱い思いを知ることができました。教育のことだけではなく、地域との繋がりも大切にして活動されているとのこと、一つの事だけではなく広い視野で活動することの大切さをあらためて気付かされました。 地域・学校・家庭、その3つの連携が必要だと言われています。これからも、橋渡し役としてますますご活躍されることでしょう。

【教育総合プロデュース RTF教育ラボ】
https://goseminarcourse01.wixsite.com/rtfkyouikulab


文責 すぎなみ協働プラザ 椎野

【団体インタビュー】 千日紅繁和会-花のある商店街-

千日紅繁和会(せんにちこうけいわかい)さんは妙法寺門前通り商店街の活気を取り戻したいと活動されている団体です。代表の山田重子さんにお話を伺いました。 

千日紅繁和会の代表、山田さん

―活動をはじめられたきっかけを聞かせてください。 

いただいた鉢植えを家の中だけでは飾りきれずに、外にも出してみましたところ、声をかけてくれた人がいました「花がある商店街っていいですね」普段は挨拶もなく過ぎていく人が、花があることで話しかけてくれたのです。 

その頃、商店街会長をしていた主人がシャッター街になっている通りをなんとか元気にしたい、と考えていたところでした。それなら商店街に花を置いてみようと思いました。毎日水をやり、花が元気になっていくのを見ると私自身も元気になれると感じていたからです。育てていた千日紅をイベントで提供することも思いつきました。 

花を通して人は元気になれる、人と繋がることができる、商店街も元気なってほしい、と思ったのが始まりです。 

―活動をともにしているのはどんな方たちですか?メンバーはどのように集まったのでしょう。 

身近な方を呼んで小さなお茶会をすることから始まりました。そこで私のやりたいことを話してみるとイベントのお手伝いなど助けてくれる人がいました。Facebookを始めて若い人の中に入っていくこともありました。やりたいと思うこと、ビジョンを共有できる人が仲間だと思っています。 

イベントには、町内会、学校のPTA・支援本部、いろいろなところから賛同してくれるボランティアの方が集まってくれます。 

小学校での千日紅刈り取り作業の様子

―今後の課題は?

このコロナ禍で、オンラインの活用と、組織の見直しが必要だと気付きました。 

イベントの中止が決まった時にイベント運営のボランティアの皆さんがオンラインツールを使って中止のお知らせなどを担ってくれました。メールなどに不慣れな私が連絡していたのでは、どれだけの時間がかかったかわかりません。オンラインが身近にある若い人達に助けられ、私も学ばなくてはならないと思いました。 

また、活動はイベントだけでなく、近隣の小学校での千日紅の配布、種まきや寄せ植え、ワークショップなどがあります。そのためには一年を通して、春には種をまき、苗を育て、ポットに植え替え、剪定、花壇への植え付け、という作業があります。その作業には時間もかかりますし、たくさんの人手も必要です。この作業にはその時々でボランティアの方が手伝ってくれますが、このコロナ禍で来ていただくこともできませんでした。 

今後も長くこの活動を続けていくためには、若い人を巻き込んだ組織を作らなくてはいけないと思っています。 

さらに人のつながりが増えていくことが、困っている人を助けることにつながり、安心して暮らせる街を作って行けるのだと思います。 

小学校での千日紅摘み取り作業の様子

インタビューの最後には育てている千日紅をたくさん見せていただきました。お花に囲まれた山田さんはインタビューでお話いただいたときとはまた違った柔らかい表情でした。 

帰り道、商店街を歩くと千日紅の鉢植えがあちこちに見られました。素敵なお花ですね、とつい誰かに声をかけたくなりました。 

インタビューを通してやりたいことが次々に沸いてくる山田さん。すぎなみ協働プラザでは、山田さんのような地域活動のアイデアを皆さんに発信していきたいと思っています。 

千日紅繁和会(せんにちこうけいわかい)
住所:東京都杉並区堀ノ内3-48-3
電話:(03)3311 0725(清水屋 山田宛)
ホームページ
https://sennichiko.jimdofree.com/
Facebook(フェイスブック)
https://www.facebook.com/sennichiko.myohoji/

撮影 中野
文責 有馬

『できる。できない。じゃない!やってみるんだ!展2020』やぶうちゅうさんインタビュー

2020年10月10日(土)・11日(日) に『できる。できない。じゃない!やってみるんだ!展2020』が開催されました。

『できる。できない。じゃない!やってみるんだ!展2020』

障害あるなし関係なく、できる、できない、をアートで取り除く、アート展示会。
展示物は主に、放課後等デイサービスに通う子どもと、そこで働くスタッフさんが、みんなで一つを作った作品を展示。その他、ワークショップ、トークイベント、オンライン配信を実施。

このイベントを企画したやぶうちゅうさんにコロナ禍でのイベント企画と運営という観点でインタビューしましたので共有いたします。

Q1 参加人数は?
1日目は会場参加が50名、オンラインの動画1030回再生でした。
2日目は会場参加が90名、オンラインの動画は384回再生でした。

Q2 会議や準備など、スタッフが集まったり決定するのも大変だったと思います。どのようにして乗り越えましたか?
会議や準備などはほぼオンライン(Zoom)で進めました。
実行委員の会議はプラザさん(すぎなみ協働プラザ)を借りて準備を進めました。
集まれないメンバーには自分の都合の良い日程を出してZoomの打合せを10回ほど組んで入れるときに入ってくださいという形で進めました。
その中で繰り返し説明しイベント実施にあたっての役割を決めました。
準備期間は助成金の関係で八月末から約2か月。メインの会議はZoomで進めました。会場チームとオンラインチーム(イベント当日は杉並産業商工会館とその会場をオンライン配信)に割り振ってリーダーを決めて、進めました。

Q3 みなさんITスキルなどは最初からあったのでしょうか。なければ、どのように習得しましたか?
Zoomに慣れている人ばかりでなかったので、最初は相手の使っているツール合わせてLINEのビデオ通話や電話などを使いました。その後、こういうものがあるよという形でZoomの導入を進めました。今回のタイトル(できる。できない。じゃない!やってみるんだ展)に救われて、スタッフができないとなってもまず「できる。できない。じゃない!やってみるんだ」みたいな感じで(笑)

Q4 今回リアルイベントを実施する際に、会場・参加者・企画で気を付けた点はなんですか?
会場は消毒、検温、名簿の作成はもちろんですが、ガイドラインに沿った会場定員に合わせてカラーバンドを準備して、入場規制をかけられるように準備しました。

Q5 今後、コロナが落ち着いてもオンラインを活用していきたいと思いますか?
よく言っているのが、私たちのイベントには障がいのありなし関係なく参加してほしくて、(参加者の心と体の)その時の状態などもあるので参加者がオンラインかオフラインかを選べるこの形に遅かれ早かれなっていたのではないかなと。

Q6 リアルイベントを行ってみて、今後に活かしたいと感じた部分はどこですか?
会場での対応に追われて(トークイベントの)オンラインでコメントしてくれてる人に返せてなかったので、コメントに対してその場で取り上げて相互性を大切にしたいです。


『できる。できない。じゃない!やってみるんだ!展2020』
https://www.facebook.com/dekirudekinaijyanai/

やぶうちゅう
1986年10月24日生まれ
大阪府出身
https://yabuuchu.space/
エッセイ漫画家。著作『ウチとオカン』はヤングケアラー体験記。虐待、貧困、障がいにまつわる公演、催事活動をしている。放課後等デイサービス指導員も務める。

撮影 隠居
文責 すぎなみ協働プラザ中野