ステップアップ講座 Googleツール(全3回)開催レポート

今年度2回目のステップアップ講座。

今回は、ITコンサルタントの寺田惠氏をお招きし、3回に渡って「Googleツール講座」を対面で実施しました。

参加者は15名、アカウントの作成から、Googleメール、Googleクラウドと共有、ドキュメント、スプレッドシート、Googleフォームなどのツールの基本的な説明や操作方法を実際に自分で操作しながら学んでいただきました。

参加者の皆さまからは、
・とても丁寧、親切に教えていただいた。
・Googleの便利な使い方が理解できた。
・基本的な言葉、定義から説明してくれたので良かった。
・Googleの仕組みが良くわかった。共有の方法がわかりありがたかった。
・Google driveの使い方を知ることができて良かった。
・実際に講師とフォルダを共有したり、Googleフォームでアンケートを自分で作成したり、話を聞くだけではなく、その場で操作できたことがとても良かった。
・補助スタッフがたくさんいたので心強かった。
とのお声をいただきました!

Googleのツールは手段であり、やりたいここを意識して使うことが大切、また、ツールはたくさんあり、今回の講座だけでは全て紹介はできないので、知りたいこと、わからないことがあったらその時点で「ググる」、検索する力をつけることが大切ですとのお話しもありました。
今後、ツールを使いこなして自分たちの業務や活動に活かしていただけたら幸いです。

コロナ禍だから考えたい!地域の力〜子育てで大切なたったひとつのこと〜開催レポート

2月7日(日)にコロナ禍だから考えたい!地域の力 
〜子育てで大切なたったひとつのこと〜オンライン講演会と、関係者向けの交流会を行いました。

↓配信はこちら!
https://youtu.be/4RfJNUh9syY

ご参加いただいた方、ありがとうございました!汐見 稔幸さんとオンラインでつなぎ、NPO法人親子コミュニケーションラボ代表理事の天野ひかりさんの司会で講演会はスタートしました。
「コロナ禍での家庭の変化」汐見先生が運営されているぐうたら村などの内容について、ユーモアを交えながら汐見さんの視点での地域での子育て、子育て支援についてお話していただきました。

参加者からは

「コロナ禍ということもあり、活動が制限されてしまっていますが、家族の時間が増えているということがわかりました。共働き家庭が多い時代で子どもが家族と過ごす時間が少ないと感じていましたが、テレワークなど働き方が多様化することで家族の関わりが豊かになっていくように感じました。
また、お父さんの育児参加がしやすい社会、地域を作っていくことが大切になっていくと感じました。」


「私は熊本在住で直接の縁がないものですが…この講演をzoomでリアルタイムで拝聴できて、また、その内容の素晴らしさに、感動と勇気をいっぱいいただきました。
また、杉並区がすごく身近な場所に感じました。
距離を超えて、住んでいない地域との繋がりが、学びや想いから派生するのは面白いなと思いました。」
などたくさんの声をいただきました。

この様子は、1週間限定で無料配信を行います!
2月15日9時まで。
(インターネット環境が必要です。)

2/12 追記 1週間限定配信とお伝えしていましたが、汐見先生のご厚意で期限なしで視聴できるようになりました!引き続き関心のある方に見ていただけますようシェアしていただければ幸いです。

視聴はこちらから
https://youtu.be/4RfJNUh9syY

交流会は、杉並区の子どもの健全育成に関わるNPO、団体、企業にご参加いただき密を避けながら実施。
今だからこそできる、それぞれができることを意見を出し合いながら繋がるきっかけの場となりました。


ここで話した、「活動をしている私達の周りの、子育て支援の実態・課題」「今、私達ができること」について話し合い、アイデアを出し合いました。

「汐見先生はお名前はよくお聞きしていたのですが、今回初めてお話を伺う事ができて大変良かったです。特に、ぐうたら村のたった一つのルール、人のぐうたらを邪魔しない、という言葉の奥深さが心に響きました。」



すぎなみ協働プラザでは、今後も協働の第一歩となるきっかけや活動のサポートをしていきます。ぜひ子育ての場だけに限らず、地域活動やNPO活動をしている方はプラザにお声掛けください!!!

杉並区NPO支援基金チャリティ映画会「インディペンデントリビング」開催レポート

「インディペンデントリビング」の監督でもあり、自ら介助者として働く田中悠輝さん

杉並区NPO支援基金チャリティ映画会「インディペンデントリビング」を2021年1月23日(土) に杉並公会堂で開催しました。

当日は、田中監督にもお越しいただき上映会の後にお話を伺いました。自身が介護者として現場に立ったからこそ取れるもの、感じ取るもの、そしてカメラを持ち監督として見えてくるものについてを熱く語っていただきました。

この映画会は杉並区NPO支援基金の普及活動として実施しました。
24名の方にご参加いただき24,365円を集め、杉並区NPO支援基金に寄付いたしました。

杉並区NPO支援基金は地域に貢献する活動を行うNPO法人等を資金面で応援する仕組みです。個人、団体、企業からの寄附金をNPO支援基金に積み立て、区内で活動するNPO法人等からの申請により、その公益的な事業に資金を助成します。

NPO支援基金のしくみ(杉並区Webサイト)
https://member.sugi-chiiki.com/kikin/

参加者の声
・ありのままの姿が映し出されていて、それが観る人にしっかりと伝わってきて、感動しました。コロナ対策も良く安心して鑑賞できました。
・協働プラザのイメージでは、福祉的な支援のイメージより、大人の人たちの活動支援のイメージが強かったので、今回は別の一面を知る機会となりました。

この映画の監督と作品について
田中悠輝監督
1991年東京都生まれ。2013年から福岡県北九州市の認定NPO 法人抱樸(ほうぼく)で野宿者支援にかかわる。2015年に東京に戻り、翌年4月自立生活センターSTEPえどがわで重度訪問介護従業養成研修を修了し、ヘルパーとして働く。同年6月鎌仲ひとみ率いる「ぶんぶんフィルムズ」のスタッフとなる。その後、映画『インディペンデントリビング』の撮影開始。2017年から認定 NPO法人自立生活サポートセンター・もやいでコーディネーターとして勤務。2018年から日本初の市民(NPO)バンク「未来バンク」理事。(インデペンデントリビングオフィシャルサイトより引用)
Twitter:@tanakayuki_IL

インディペンデントリビングについて
物語の舞台は大阪にある自立生活センター。ここは障害当事者が運営をし、日常的に手助けを必要とする人が、一人で暮らせるよう支援をしている。先天的なものだけでなく、病気や事故などにより様々な障害を抱えながら、家族の元や施設ではなく、自立生活を希望する人たち。自由と引き換えに、リスクや責任を負うことになる自立生活は、彼らにとってまさに“命がけ”のチャレンジだ。家族との衝突、介助者とのコミュニケーションなど課題も多く、時に失敗することもある。しかし、自ら決断し、行動することで彼らはささやかに、確実に変化をしていく──。(インデペンデントリビングオフィシャルサイトより引用)

監督:田中悠輝
製作・配給:ぶんぶんフィルムズ(担当:鎌仲ひとみ)
〒399-0601 長野県上伊那郡辰野町小野1041
TEL: 080-6595-4367
上映会専用E-mail: info@kamanaka.com
オフィシャルサイト:https://bunbunfilms.com/filmil/
Facebook:https://www.facebook.com/Independent.Living.documentary

※ぶんぶんフィルムさんはこの作品の自主上映の申し込みを受け付けています。
https://bunbunfilms.com/filmil/jisyu.html

NPO等のための会計のい・ろ・は開催レポート

公認会計士・税理士 加藤さんとNPO法人 HATI JAPAN 多文化多言語の子ども発達支援の東谷さん

公認会計士・税理士の加藤 俊也さんをお招きしてすぎなみ協働プラザで「NPO等のための会計のい・ろ・は」講座を10/28・11/4・11/11にオンラインで開催しました。

各講座の内容は
第1回は、会計の目的・NPO法人会計基準とは・現金入出金の処理方法
d第2回は、決算書をわかりやすくするための工夫・決算書ができるまで・入出金データの入力と集計。
第3回は、月次決算のつくるメリット、目的・会計は事業を始めるとき予算を立てるための目安・会計ソフトの紹介という内容で講座いたしました。

全3回を通して現場からの声としてNPO法人 HATI JAPAN 多文化多言語の子ども発達支援の東谷さんにお越しいただき、現場の立場として参加していただきました。

NPO法人 HATI JAPAN 多文化多言語の子ども発達支援
https://www.facebook.com/HatiJapan/

加藤さんのお話の中で「外部を巻き込む活動をするNPO法人の場合外部の人に分かりやすい会計報告は必須」というトピックがありました。
寄付やボランティアをお願いすることが、多いNPO法人において分かりやすい会計報告は重要なツールになりえることを学びました。

参加者の声
・大変有意義でした。ありがとうございました。受益者から対価を得られないという、NPO業界から見たら当たり前のことが実は大変なことなのだということを改めて考えさせられるきっかけとなりました
・自分の疑問に思っていることに当てはまり、とても参考になった。会計の仕組みや必要性を優しく解説してくれるので、理解しやすい。
・東谷さんの飾らない雰囲気が講座の緊張感を和らげてくれます。また地域同業者の勉強会の雰囲気で、利害関係が無く、どんな質問にも優しく回答してくれる先生に感謝しています。

この講座の講師
認定NPO法人 NPO 会計税務専門家ネットワーク 理事
公認会計士・税理士 加藤 俊也

NPO 会計税務専門家ネットワーク
https://npoatpro.org/index.html


業種別交流会開催レポート

すぎなみ協働プラザで業種別交流会を10/24(土)開催しました。

1部が「子ども・子育て」2部が「高齢者」3部が「まちづくり」の業種ごとに参加いただきました。それぞれの会でコロナ禍で生まれた「課題とニーズ」とそれに対応する「アイデア・実行したこと」話し合いました。


集まって活動する場所がないという意見や、オンラインの活用をしたいがツールの使い方がわからないなど、テーマ共通で出た意見もありました。
この交流会で知ったコロナ禍での団体運営での課題を
今後のすぎなみ協働プラザの教室の企画に運営にもいかしていきたいです。

参加者の声
・目的を同じくした者同士協働できそうです。
・参加者の皆さんがそれぞれの対応されていることを参考にさせていただく。
・もう少し大きな問題(仮題)が欲しかった。
・各団体の深いところの課題をもっと知りたい考えたい。

※この交流会をまとめたグラレコを以下に掲載します。


■参加団体
<高齢者>
すぎなみ食育推進の会
経営技術研究会
東京海難救助隊
杉並区障害者雇用支援事業団

<子育て>
チャイルド・ファンド・ジャパン
RTF教育ラボ
きょうだい児と家族の応援団 にじいろもびーる
すぎなみ食育推進の会
NPO法人ADDS

<街づくり>
杉並まちづくり交流協会
日本失語症協議会
千日紅同好会
杉並Times編集部
杉並区障害者雇用支援事業団
きずなメール・プロジェクト
まちナカ・コミュニティ西荻みなみ