≪重要≫新型コロナウイルス感染症による講座の中止または変更について

令和2年度の当初予定(地域活動ガイドブック『カラフル』p7-8に掲載)で開催を予定しておりました以下の講座につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響により開講時期の変更または今年度の開催が中止となりましたことをお知らせいたします。ご参加を予定されていた皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

【令和2年度当初予定から変更となった講座】

◆5~7月開講予定分:コミュニケーション講座「話す」(中止)、食育推進ボランティア講座(中止)、文化財保護ボランティア講座(中止)、学校介助員ボランティア講座(中止)、オリンピック・パラリンピック特別講座(12月開催に変更予定)、新年度スタートアップ!講演会(1~3月に変更予定)

◆8~9月開講予定分:コミュニケーション講座「きく」(中止)、介護予防地域スタッフ養成講座(中止)

◆10~12月開講予定分:杉並どうぶつ相談員講座(中止)、まちビタ実践講座(1~3月に変更予定)

◆1~3月開講予定分:日本人英語指導助手養成講座(10~12月開講に変更)

学長コラム  column.4

近所の商店やスーパーで買い物をする若い人をよく見かけるようになりました。新型コロナウィルス感染を避け、テレワークやオンライン授業に切り替え、自宅を中心にして毎日を過ごす人が増えています。これが一時的な変化ではなければ、10年後の地域はこの延長線上に描かれるはずです。では、みなさんの街は安全で安心して過ごせますか。そして人を惹きつける魅力がありますか。若い人たちが地域で充実感を得るには、地元をよく知り、より良くなるように手をかけることができ、自分たちの街だと実感できる場にしなければなりません。すぎなみ地域大学は講座を通して、一人ひとりが街を作る知恵を獲得し、ピンチをチャンスに変えるお手伝いをします。

学長のコラム column.3

夜に都心のビルに光のハートのマークが浮かび上がり、ホテルの従業員がステイホームする人たちにエールを送ったり、正午にプロ野球の選手たちがグラウンドで40秒間拍手をして医療従事者の皆さんに感謝を表したりしました。自分の気持ちを代弁してくれたことに共感した方も多かったことでしょう。新型コロナウイルス感染防止のために手を出したくてもできず、一方で家事や外出、学習などのサポートを必要とする人たちは本当に困っていました。しかし、一人ひとりの思いを乗せた光や音がソーシャルディスタンスの垣根を乗り越えて届いていくことに、励まされる人がいたと思います。いつものように手を差し伸べるときがかならずやって来ます。その日に備えましょう。

【感染症予防対策について】

・今後開講する講座につきましては、新型コロナウイルス等感染症拡大防止のため募集定員を減らして開講いたします。

・受付時は手指のアルコール消毒等にご協力ください。

・受講の際は必ずマスクを着用してください。

・咳、くしゃみの際には、袖等で口・鼻を覆う等咳エチケットの励行にご協力ください。

・講座当日は、ご自宅で必ず検温をしてください。37.5度以上の発熱・軽い風邪の症状等がみられるなど体調が優れない場合は、ご欠席をお願いします。

・講座会場入室時には検温を行う場合がございますので、時間に余裕をもってお越ください。

なお、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策に関する国等の動向や区の方針に 応じて、講座を延期または中止とする場合がございます。その際は、本サイト上等でお知らせいたします。ご理解とご協力をお願いいたします。

あなたに”ピッタリ”の講座に出会おう。【おすすめ講座フローチャート】 

たくさん講座があって自分に合う講座がわからないという方は、以下のチャートで”YES”or”NO”に答えて、A~Gのタイプを知って、自分に合った講座を確認してみよう。