杉並どうぶつ相談員講座

杉並どうぶつ相談員は、動物の飼い方のアドバイスや、飼い主のいない猫を増やさない活動支援などを通して「人と動物の共生」を目指すボランティアです。この講座では、動物分野の専門家を講師に招き、「杉並どうぶつ相談員」の活動に必要な知識や技術を全8回の座学形式で学びます。

取材した日は「犬・猫の健康管理について」がテーマ。東京都獣医師会杉並支部・支部長の畑孝さんが、獣医師としての抱負な経験を生かして、病気予防の正しい知識や日常の健康管理法などを詳しく講義しました。「この中で犬・猫を飼っている人は?」と受講生に問うと、9割以上が挙手。受講生は、ワクチンの方法などをメモを取りながら熱心に聞いていました。また。「正しい耳掃除」の様子を動画で説明するなど、わかりやすい工夫がなされていました。最後に、畑さんは「8歳以上になったら高齢期と考え、2年に一度は健康診断を受け、年齢に合わせた食事と運動に配慮することが大切」と人間の4倍以上で歳を取るといわれる犬・猫の老齢期ケアについて話し、動物の立場で世話をする大切さを教えてくれました。本講座の他の回では、「ペットのための災害対策」や上野動物園の元園長から映像を使った動物のお話、弁護士からの動物関連の法令知識を学ぶ講座などを学習。修了後、「すぎなみ動物相談員」として、さまざまな課題に対応できるようなカリキュラムになっています。

地域活動基礎コース まちに飛び出せ!コミュニケーション講座

地域活動を始めると、さまざまな人と出会い、互いにコミュニケーションをとる機会が格段に増えます。この「地域活動基礎コース」は、活動をスムーズに進める上で不可欠な「話す」と「きく」の各スキルを実践的に学べるシリーズ講座です。講師を務めるのは、すぎなみ地域大学の学長で元NHKアナウンス室長の木原秋好さん。アナウンサーとして放送や取材の第一線で、たくさんの方々と接ししてきた木原さんが、受講生の気持ちに寄り添いながら、コミュニケーションのコツをワークショップ形式で伝えます。

取材したのは、秋に開催された「話し合う」の講座。この日は、「意味のある話し合いにする」を目標に、3班に分かれて、実際に2つの「話し合い」を体験しました。最初のテーマは、「話し合いを成功させるために5つのルールを決める。」木原さんからの「各自の考えを出し合った後で、絞り込みましょう」の呼びかけで、15分間の話し合いがスタート、白板にみんなの意見を書き出して「時間を確認しながら進めるというルールは、採用だね」など、一致した意見に○をつけたりと、各班が工夫をしながら「5つのルールを決める」という目的に向かって意見をまとめていく経験をしました。次は、「私たちにできる社会貢献とは」をテーマにした30分間の話し合い。「難しく考えてしまう」と悩むメンバーに対して、「バスの中で席を譲ることも社会貢献では」「自分にできる行為かどうかも、ポイント」と、相手を思いやりながら自分の考えを真剣に伝える姿がありました。木原さんは、各班を回り「伝えあうだけではなく、相手に質問して堀下げてみて」とアドバイスしていきます。後に木原さんが受講生に「どうでしょう、各自の意見が変わったり、深まったりしましたか。話し合いで得るものがあった、と感じましたか?」と聞くと、みんなニッコリ。話し合いの心地よい緊張感が、達成感に変わった瞬間でした。