街頭相談所の実施

 久しぶりの更新になってしまい、申し訳ありません。新型コロナウイルスの影響により、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置中はイベントが何も行なえておりませんでした。

 さて、4月に入りまん延防止も解除され、ほんの少しづつ日常が戻り始めてきました。しかし、まだまだ気を抜いてはいけません!!そのような中、先月5月25日に、感染対策を充分に行った上で、3年ぶりとなる街頭相談所を実施しました。

杉並区役所入口で、杉並保健所さん主導のもと行い、食中毒予防の為の問題とその解答を図解で解説するパネルが展示されました。パネルではカンピロバクター食虫毒の危険性や、ノロウイルス食中毒を防ぐための手洗いの方法を解り易く展示し、来場者は熱心に食品衛生監視員の説明を聞いていました。

   その他に、1日に必要な野菜の量などを解説するパネルも展示されており、バランスのいい食事について、主婦層の方々が興味を持っている様子が見られました。

   また、フレイル予防のためにはタンパク質をしっかりと摂取することが大事であるという情報も知ることができ、大変勉強になるイベントでした。

 来場者には、パンフレットのほかお米や感染対策グッズをプレゼントしました。毎年行っていますので、来年度もぜひたくさんの方にご来場いただければ幸いです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。