健康気功の最後は、[横の腕振り]-1 です。-8

先生の体からは、腰の裏を手が叩く「ピシッ」という小気味いい音が響きます。私の体からは、「ビチャッ」という鈍い音しか聞こえません。
 腰骨や脊椎のゆがみが矯正されていくような気がします。

 8月から連日、寝苦しい熱帯夜がつづき、9月になっても暑かったのに、秋の虫の鳴き声が聞こえ始め、数日前から涼しい夜がやってきました。
 季節の変わり目は、疲れやすかったり、だるかったりしますね。こんなとき、健康気功で体を動かしてみてはいかがですか?

 さて、健康気功の1クールを紹介するのも、もうすぐ終わりです。
 「横の腕振り」になります。

膝を軽く曲げ、腕を左右に~
……
徐々に、軽く後ろの床を振り返ります。
振り返ったあと、正面を見てから反対を振り返ります。
正面を見ないと、目が回ります。

 初めのうちは、後ろの床を見ようとすると体がふらついてしまいます。なれれば、大丈夫です。
 「腕を左右に振る」ように見えますが、腕を振ってからだを回転させるのではなさそうです。また、からだを回しているのでも、なさそうです。
 いままでやってきた「縦のスワイショウ」で大地(床面)にどっしりくっついた足の裏からの力と膝の力が、回転の動力になっています。
 その動力が、腕を力強く左右に振らせています。右に回転するときは右手が背中にからみつき、左の腰の裏を勢いよく叩きます。
 そのとき、先生の体からは、腰の裏を手が叩く「ピシッ」という小気味いい音が響きます。私の体からは、「ビチャッ」という鈍い音しか聞こえません。
 腰骨や脊椎のゆがみが矯正されていくような気がします。

 続いて「超簡化8式太極拳」の初歩を練習しています。
 もし興味をもたれ見学を希望される方は、こちらから齋藤までご連絡ください。

Saito-Hiroshi@mail.com
(現在入っている全角の「@」を、半角の「@」に置き換えてください)